制作の流れと考え

イメージはあるが、どのように表現すれば良いか分からない。また、どんなデザインが有効か分からない。など、クライアント様におかれましては日々の業務とは全く違う作業となりお時間にも制限がございます。そこで、単純にご依頼を遂行するのではなくアウトソーシングパートナーとしてコンサルティング、ご提案、納品までのスケジューリングをさせて頂くことで通常業務の支障を最小限に抑え、効率的にまたご希望に叶ったデザインのご提供をさせて頂いております。

時間もかかる・・・

提案+ディレクション=解決

​何をどうすれば・・・

ヒアリング

ご相談

イメージの種

お見積

ご提案

例えば「かっこいい」を一つとっても様々な方向性がありますが、お話をさせて頂く中でこの抽象的な「かっこいい」を限定しクライアント様が描いたイメージを具体化致します。 イメージを具体化するにあたり業態、業務内容、社会的イメージ、更にはクライアント様の趣味趣向、ご性格などを伺い、これに伴うご提案をいくつかご提示させて頂きイメージを導き出していきます。

制作

​・

​校正

制作

完成の見える化

修正

最終

確認

ヒアリングで見出したイメージをもとに制作した「完成状態」をご提案させて頂きます。これにより実際のイメージがよりご理解頂けますのでご安心して校正段階へ移れることと思います。 もちろんの初校の際、最善のデザインをご提示させて頂いておりますが、校正では気になるところをお気軽にご指摘頂ければと思います。最終的にご満足頂けるところを最重要としております。

納品

ご入金

発送のご連絡

発送

納品

納期に対して配送業者の「問合せナンバー」情報を配信致しますので、商品がいつ届くのかご安心してご確認頂けます。